着物は体に巻き付けて着るもの。
身幅が大きい分にはかなり融通がきき、きれいには着られます。
でも、大きい分、背中心の帯から下の部分が少し右寄りにズレますよね。
●帯から下部分のズレは全然問題ではないので、ズレを気にせず着る。または
●背中心がズレないよう背中心の線を合わせ、ゆるめに巻き付けるようにして着る
・・・というのは、ふだん私もやっていますが。
できれば、さっと着るだけで背中心が上から下まで真っすぐ・・・が理想。

この理想どおりに着られる着物=ジャストサイズの着物を測ってみると・・・
ジャストサイズ 前幅23.0、後ろ幅27.0〜28.0。(前幅+後ろ幅=50〜51.0cm)

ところがg14.gif

あれこれ試着・採寸してみてわかったことですが、
着物によってサイズの感じ方が違うから不思議です!
サイズで見ると大きい(54cm)のに、着るとちょうどいい感じのものもあれば、
サイズは許容範囲(53cm)と思えるのに、着ると「大きい」と感じるものも。

この感じ方の違いは、どこからくるのでしょうか。
体型や着方によって人それぞれだと思いますが、私的には
●前幅より後ろ幅
前24.0・後ろ28.5(52.5)より、前22.5・後ろ30.0(52.5)のほうが大きく感じる(これは私のヒップが扁平なためと思われます;;)
●織りの着物と染めの着物では、染めの着物のほうが大きく感じる
●付下げ訪問着など絵羽の着物は、少し大きめでもちょうどよく感じられる
(柄が続くように上手に仕立てられているので、柄のほうに目がいくからかも)

私はピッタリめで着るのが好きなので、着て大きく感じる着物は悩まし〜。
このままでも着られるけど、ジャストサイズに直したほうが着る頻度も満足感も、だんぜんアップすること確実!ではある。
とはいえ一度に全部は無理なので、どれを直しに出しそうか、
お財布とも相談しながら・・・あ〜まだまだ悩むわ〜。

きもののサイズ直しについては → こちらに詳しく最新情報を載せてます。